介護・医療の最新情報を毎月更新!

ヘルスケア情報レター無料配布

医療・介護経営、コンサルティング、研修、講演等を行っている専門家が最新のヘルスケア情報をご提供します。

2018年10月号の特集
「介護人材確保に向けた外国人受入れの最新動向」
(1)外国人の介護労働に関する制度の全体像
(2)外国人の介護労働に関する制度のポイント
(3)総合的な介護人材確保対策の目的と必要性

レター概要
今回は、今般の介護人材の確保に関する政府の方針や法改正の動向などを踏まえて、外国人の介護労働に関する制度の全体像と3つの制度のポイント を整理しました。
政府の外国人受入政策は大転換期にあり、介護分野では介護ビザの創設や技能実習制度の拡張などによる外国人労働力の活用が注目を集めています。人材確保は介護事業の最大の課題であり、今後の経営維持・拡大には外国人労働力を活用していく視点も重要になるでしょう。

確認キーワード
「外国人介護労働の3つの制度の相違点」「経済連携協定 (EPA)介護福祉士」「外国人技能実習制度の介護職種」「在留資格 介護ビザの創設」「政府の介護人材確保対策の全体像」

続きは、フォームからお申込の上、ダウンロードしてお読みください。


以下よりお申込いただくと、毎月更新情報をメールにてお知らせいたします。